トピックス

トピックス

第18回 看護専攻科 進級式が挙行されました

令和4年4月8日(金)第18回看護専攻科進級式が行われました。式の冒頭で、岡本潤子校長より進級生35名に向けて「専攻科の卒業式での学生の涙は本当に美しいものだった。卒業する嬉しさ・寂しさ・支えてくれた家族や先生方の厳しさと優しさへの感謝・5年間共に学び支え生き抜いてきた絆への涙だった。絆は簡単にできるものではない。一生懸命学ぶためには心の強さが必要だ。看護師は心を支えることが大切な仕事。身体的な痛みと心の痛みを受け止める強さが必要で、それならば身近な友の心の痛みや思いを共有できなければ支えることはできない。残りの2年間を本気になって生き抜き、自覚と責任のプレッシャーに負けず努力をするように」との激励がありました。進級生の代表は「病に苦しむ人たちのために力を尽くしたいという思いは、クリミア戦争に従事したナイチンゲールの時代から変わらない。これからさらに学びを深め、専門的な看護の技術と知識を身に付けていくことになる。実践を通して技術に磨きをかけていくことに期待と喜びを感じている。自分の目指す看護師像を抱き、将来を目指していた頃の純粋なまなざしは今もなお輝き続けている。これから多くの困難に出会うと思うが、失敗を恐れずに挑戦を続け、決してあきらめることなく目指す未来に前進していこう。」と決意を述べました。

第112回 入学式が挙行されました

令和4年4月8日(金)第112回入学式が行われました。新入生を代表して澤向永真さん(看護科)が、本校の歴史を表す「紀年の旗」に112番目の星を添付し、「長い歴史を誇る千葉学園で、専門性を高め自分の進む道の土台を築きたい。環境の変化に不安はあるが、同じ目標を持つ仲間と固い絆を育んでいきたい」と誓いの言葉を述べました。続いて岡本潤子校長から「一人一人が一生懸命学び、学校生活を楽しむことで学校は輝き、良い学校へと成長する。千葉学園高校は手を動かし、心と技を学ぶ学校だ。人と人との関わりの中で友を得、友情を育み、教職員と信頼を結んで三年間を過ごしてほしい。希望という扉を開くと新たな道が開かれる。一歩一歩、今を大切に生活してほしい」との激励がありました。

令和4年度 始業式が行われました

令和4年4月7日(木)令和4年度始業式が行われました。式に先立って、前校長の千葉満先生から退任のご挨拶があり、生徒を代表して生徒会長の西舘更紗さん(3年看護科)から花束が贈られました。始業式では新校長の岡本潤子先生より「何でも相談しながら、学校生活を過ごしてほしい。素敵な先輩として後輩をしっかりと育てていくように。今年度から成人年齢の引き下げがあり、特に18歳になるみなさんは、自由の裏には責任が伴うということを意識してほしい」と在校生にメッセージが送られました。その後、今年度採用になった新任の教員2名が紹介され、緊張の面持ちの中、教員としてのスタートを切りました。明日は入学式が行われます。

第111回 看護師国家試験 全員合格(4年連続)

令和4年3月25日(金) 第111回看護師国家試験の合格発表が行われました。本校の看護専攻科からは2年生34名が受験し、全員が合格しました(全員合格は平成30年度・令和元年度・2年度に続き4年連続)。発表当日は八戸近郊の病院に勤務する卒業生が学校を訪れ、合格の喜びを分かち合いました。 見事合格を果たした宮﨑寿美礼さんは「先輩方が全員合格してきたこともあり、プレッシャーを感じることが多かったが、先生方の励ましに背中を押され頑張ることができた。国家試験合格に向けて班の仲間で教え合い、勉強を楽しいと思えるようになった。本当に看護師になれるか不安だったが、全員で合格できて良かった。確実な看護技術で、これまでお世話になった家族、先生方、実習で受け持った患者さんに恩返しをしたい」と喜びを噛みしめていました。また、田澤結実子さんは「小さいころからの夢が叶い安心した。国家試験後は試験問題が難しく感じ、合格できるか不安だったが、5年間の頑張りが実を結びほっとしている。患者さんの痛みや不安に寄り添える看護師になれるように頑張りたい」と抱負を述べていました。学生を指導した看護科の教員は「新型コロナウイルスの感染リスクを考え、本来であれば出校するところを、約2週間の自宅学習に切り替えなければならず、例年とは違う不安があった(※看護師国家試験には追試験が設けられないため)。それでも学生たちは班ごとに繋がりを持ち、励まし合いながら学び続けてくれた」と安堵の表情を浮かべていました。 卒業生は県内外各地の病院に勤務し、日本の医療を支えていきます。

第8回 学生ファッションデザインコンテスト 優秀賞

第8回北いわて学生ファッションデザインコンテスト(北いわてアパレル産業振興会主催)において、本校生活文化科1年の沖田瑞恵さんのデザイン画が優秀賞に選ばれました。岩手県及び青森県三八地域の学生・生徒を対象にファッションデザインを募集し、合計で323点の応募がありました。沖田さんの作品のタイトルは「気品のある桜」、桜から着想を得てデザインしたものです。デザイン画を基に振興会会員企業によって製作された桜色のジャケットは、袖口が花びらのように広がり、ボタンも桜の花の形をしていて、とてもきれいな作品に仕上がりました。入賞作品はテレビ岩手の特別番組で紹介された他、盛岡市のパルクアベニューカワトク特設会場にて展示されました。

第1回ROKKASHOローカルフードコンテスト入賞

六ヶ所村のCafe Myuuforで行われた、第1回ROKKASHOローカルフードコンテストで本校調理科2名(2年生)が入賞しました。入賞作品は下記の通りです。県内での新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、様々な制限がある中で対策を練り、コンテストを開催してくださった六ヶ所商工会の皆様をはじめ、コンテストに関わる全ての皆様に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました。 【本校入賞作品】 GOLD賞 2年 林﨑 美月 「昆布糖ちゅうろす」 観光協会長賞 2年 松倉 実花 「長芋のふんわりすふれパンケーキ キャロットソース添え」    

製菓実習(調理科2年生)

製菓実習の授業では、スポンジケーキの基本をしっかり抑えられるよう、バターの割合の異なる2種類に挑戦。フルーツを飾るデザインは、グループごとの個性が出る仕上がりでした。

西洋料理実習(調理科2年生)

今年度最後の西洋料理のメインは、イタリア風のステーキです。これまで何度か取り組んできたムースも、地物の苺を使ってメレンゲを絞ると一味違う仕上がりになりました。八田先生、入学時から2年間ん、大変お世話になりました。            

第16回 看護専攻科 卒業証書授与式が挙行されました

令和4年3月11日(金)、第16回看護専攻科卒業証書授与式が挙行されました。校長より34名の卒業生に卒業証書が授与され、「〖三冬枯木花(さんとうこぼくの花)〗と言うように、これまで耐えながら蓄えてきたものが大きな成果となることを信じている。本校の校訓〖信愛〗が表す”強い心”と”温かい心”を持って看護にあたり、健康で幸多き人生を歩んでもらいたい」と激励の言葉が贈られました。続いて在校生代表の林上心美(看護専攻科1年)が祝辞を述べ、卒業生代表の並岡杏奈(看護専攻科2年)が「これまで支えてくれた先生方、家族、そして共に国家試験合格に向けて支え合って学んできた級友に本当に感謝している。これからも初心を忘れることなく成長していきたい」と抱負を述べました。※看護師国家試験の合格発表は令和4年3月25日(金)

第73回 千葉学園高等学校 卒業証書授与式が挙行されました

令和4年3月3日(木)、第73回卒業証書授与式が挙行されました。各科代表に卒業証書が授与された後、校長より「これまで自分に関わってくれた人たちに感謝の気持ちを持つこと。これから歩む人生は楽なものではないが、一日一日を精一杯生きていくように」と激励の言葉が贈られました。続いて在校生を代表し、西舘更紗(看護科)が祝辞を述べ、卒業生を代表して成谷愛葉(調理科)が「コロナ禍で人との物理的な距離は遠くなったが、目に見えない物の大切さや尊さを強く感じられるようになった。新たな道で自分の居場所を見つけるには苦労があると思うが、これまでの3年間を思い出し、夢への階段を一歩一歩歩んでいきたい」と決意を述べました。