新着情報

新着情報

調理科✕割烹萬鱗 コラボメニュー制作 第2弾

本校調理科の生徒が考案した献立を、歴史ある割烹萬鱗様の実際の食の現場で採用していただくことになりました。前回の「ひなまつり御膳」に続く第2弾は、夏の野菜をテーマにした季節のミニ会席『はづき』。8月2日(火)~8月31日(水)までお客様に提供しておりますので、是非ご賞味ください。 とうもろこしムース 旨出汁じゅれ仕立て(手前の焼八寸のうち一つとして) 暑い夏にのど越し良く食べられるムースを、年齢や性別を問わずみんなが大好きな旬のとうもろこしで作りました。食材の持つ甘みが引き出されたムース部と、出汁のジュレとの二層仕立てが見た目も美しく、仕上げの焼きとうもろこしが夏を感じさせます。 県産食材‼夏香る冷やし素麺(左側中央のお料理) 青森県が生産量一位を誇る、ごぼうの香りを生かした夏料理を作りたいと考案しました。香り深いごぼうの出汁で食べる素麺と、彩り鮮やかな夏野菜の素揚げを一緒に頂くことで暑い夏でもさっぱりと食べられる一品です。 【お問い合わせ】割烹萬鱗(住所:八戸市柏崎1-1-41 0178-24-1021)

七月生まれのお誕生日茶会が開催されました

令和4年7月12日(火) 今月成人となった3年生7名を招いて、7月生まれのお誕生日茶会が開かれました。「七転八起」の掛け軸が設えられた茶室で、3年生に向けて抹茶が振舞われ、岡本校長直筆のメッセージカードが贈られました。七夕の月ということもあり、今回抹茶と共に振舞われた主菓子は「織姫」。成人を迎えた生徒たちの願いが叶うようにとの想いが込められています。

「縄文の文様の作品」販売開始(生活文化科)

生活文化科2年生37名が制作した縄文土器や耳飾りの文様を刺しゅうした「ブローチ」「ヘアゴム」「刺しゅうキット」を、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館のご協力により販売することになりました。 昨年是川縄文館で開催された秋季企画展「装い ~身を飾る人びと~」に生徒制作作品を展示させていただいたところ、「とても可愛い、販売してほしい、制作してみたい」といった多数の感想が寄せられました。そこで、皆様のご要望にお応えして販売することになりました。たくさんの方々に現代の装いにも合う縄文の文様をファッションアイテムとして楽しんでいただき、刺しゅうをしながら縄文に思いを巡らせてほしいと思っております。 下記の要領で販売いたしますので、ぜひ是川縄文館までお越しください。 場   所:八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 ミュージアムショップ 販売開始日:令和4年7月5日(火) 販 売 品:ブローチ20個 ヘアゴム30個 制作キット20個 ※ 販売は、なくなり次第終了とさせていただきます。

六月生まれのお誕生日茶会が開催されました

令和4年6月21日(火)今月成人を迎えた3年生を招いてお誕生日茶会が開かれました。成人を祝うお誕生日茶会は6月で3回目。今回は趣向を変えて野点(野外で茶を点てること)で茶会を行いました。天候にも恵まれ、緑の美しい園庭での茶会はいつもとは違った趣のあるものとなりました。今回の茶会のテーマは「七転八起」、赤い和傘の下には達磨の掛物と6月を代表する花の紫陽花が設えられました。岡本校長からは一人ひとりの名前にちなんだメッセージカードが手渡され、3年生は成人としての誓いを新たにしていました。

青森県高等学校総合体育大会 結果

令和4年6月3日(金)~6日(月)にかけて、第74回青森県高等学校総合体育大会が行われました。本校からは6つの競技が参加し、県内各地で熱戦が繰り広げられました。7日(火)には校内で報告会が行われ、岡本校長から選手にねぎらいの言葉が贈られました。今年度はボウリング部が団体優勝を果たし7連覇したのに加え、6年連続優勝の特別賞を受賞しました。バレーボール部は高校総体では平成17年度以来となる第3位と健闘しました。選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。 ボウリング部:団体戦 優勝(全国大会出場) バレーボール部:第3位(東北大会出場)

高校総体壮行式が行われました

令和4年6月1日(水)高校総体に参加する運動部を応援するため、壮行式が行われました。新型コロナウイルス感染症のため、これまでたくさんの大会が中止となり、悔しい思いをした3年生にとって最後の大舞台となります。選手たちは「これまで支えてくれた家族や先生方、そして仲間に感謝の気持ちを持ち、精一杯戦ってきたい」と意気込みを述べていました。今年度は7つの運動部が高校総体に参加します。選手の皆さんのご健闘をお祈りいたします。

第50回リーダー研修会が行われました

令和4年5月16日(月) 第50回リーダー研修会が行われました。本校では毎年、生徒会役員、各クラスのリーダーと副リーダーが参加して研修会を実施しています。今年度は「リーダー同士の信頼を築き、統率力を養う」の目標のもと、講話や討議が行われました。研修会の始めに、岡本校長先生から、「リーダーシップについての考え方が歴史的にどう変化してきたのか」「現代のリーダーシップとは何か」についての講話があり、その後各科や学年に分かれて討議を行いました。科や学年の枠組みを超えてより良い学校を作るべく建設的な意見交換がなされ、リーダーとしての意識を高める良い機会となりました。

5月12日は看護の日

5月12日は「看護の日」です。近代看護を築いた「フローレンス・ナイチンゲール」の誕生日に因み、この日に制定されました。国際看護師協会(本部:ジュネーブ)では、1965年からこの日を「国際看護師の日」と定め、看護師の社会貢献を称える日となっています。 5年一貫で看護師を養成している本校では、看護師について他科の生徒にも知ってもらえるように作品の展示をしています。コロナ禍で懸命に働いている全国の医療従事者の皆さんに感謝をするとともに、これからの医療を担っていける人材となるべく、看護科の生徒・学生は日々勉学に励みます。  

桜と梅が開花しました

新入生の入学を祝福するように、学園内の桜と梅が開花しました。ここ数日の温かい気温も影響して、桜の開花がどんどん進んでいます。日々の生活の中で、美しい花々を愛でる余裕があるといいですね。

対面式が行われました

令和4年4月11日(月)新入生と2・3年生の対面式が行われました。岡本校長と生徒会長から歓迎の言葉が贈られ、校歌が紹介された後、各科の特徴を活かして科紹介が行われました。新入生を代表して、看護科の苫米地璃恋さんが「先輩方から多くを学び、一日も早く学校に慣れ、充実した高校生活を送りたい」と決意を述べました。