看護専攻科

看護専攻科

第17回 看護専攻科 進級式が行われました

令和3年4月8日(木) 第17回看護専攻科進級式が挙行されました。式の冒頭で、校長より進級生40名に向けて「感謝の気持ちを持って知識を得ること。優しい心・温かい心を持ち、周囲から信頼される看護師を目指すこと。自己責任と自律の3つを意識して生活するように」と激励がありました。進級生を代表して澤里理奈さんが「理想とする看護師像を目指し、安全・安楽な看護を提供できるよう、仲間と支えながら着実に前へ進んでいきたい」と決意を述べました。

看護師国家試験 全員合格(3年連続)

令和3年3月26日(金) 第110回看護師国家試験の合格発表が行われました。本校の看護専攻科からは2年生25名が受験し、全員が合格しました(全員合格は平成30年度・令和元年度に続き3年連続)。発表当日は八戸市内の病院に勤務する卒業生が学校を訪れ、合格の喜びを分かち合いました。卒業生は県内外各地の病院に勤務し、日本の医療を支えていきます。

看護専攻科 第15回 卒業証書授与式が挙行されました

令和3年3月12日(金)、本校看護専攻科の卒業証書授与式が行われました。校長より25名の卒業生に卒業証書が授与され、ドイツの哲学者であるラファエル・フォン・ケーベルの言葉を引用し、「辛抱強さ・器用さ・優しさを持った日本人は看護を志す資格を持っている。今後それぞれが進む道は厳しいものだが、最善の看護を目指してほしい」と激励の言葉が送られました。続いて在校生代表の並岡杏奈(看護専攻科1年)が祝辞を述べ、卒業生代表の井上柊璃(看護専攻科2年)が「コロナ禍で実習が制限される時期もあったが、苦しい時があったからこそ成長できた。看護師としての知識はもちろんのこと、人の痛みを理解できる感性を大事にしたい。多くの人の支えと仲間の存在で卒業の日を迎えることができた。千葉学園で身につけた看護観を活かし、努力を続けたい」と抱負を述べました。看護師国家試験の合格発表は令和3年3月26日(金)