看護専攻科

看護専攻科

第18回 看護専攻科 進級式が挙行されました

令和4年4月8日(金)第18回看護専攻科進級式が行われました。式の冒頭で、岡本潤子校長より進級生35名に向けて「専攻科の卒業式での学生の涙は本当に美しいものだった。卒業する嬉しさ・寂しさ・支えてくれた家族や先生方の厳しさと優しさへの感謝・5年間共に学び支え生き抜いてきた絆への涙だった。絆は簡単にできるものではない。一生懸命学ぶためには心の強さが必要だ。看護師は心を支えることが大切な仕事。身体的な痛みと心の痛みを受け止める強さが必要で、それならば身近な友の心の痛みや思いを共有できなければ支えることはできない。残りの2年間を本気になって生き抜き、自覚と責任のプレッシャーに負けず努力をするように」との激励がありました。進級生の代表は「病に苦しむ人たちのために力を尽くしたいという思いは、クリミア戦争に従事したナイチンゲールの時代から変わらない。これからさらに学びを深め、専門的な看護の技術と知識を身に付けていくことになる。実践を通して技術に磨きをかけていくことに期待と喜びを感じている。自分の目指す看護師像を抱き、将来を目指していた頃の純粋なまなざしは今もなお輝き続けている。これから多くの困難に出会うと思うが、失敗を恐れずに挑戦を続け、決してあきらめることなく目指す未来に前進していこう。」と決意を述べました。

第111回 看護師国家試験 全員合格(4年連続)

令和4年3月25日(金) 第111回看護師国家試験の合格発表が行われました。本校の看護専攻科からは2年生34名が受験し、全員が合格しました(全員合格は平成30年度・令和元年度・2年度に続き4年連続)。発表当日は八戸近郊の病院に勤務する卒業生が学校を訪れ、合格の喜びを分かち合いました。 見事合格を果たした宮﨑寿美礼さんは「先輩方が全員合格してきたこともあり、プレッシャーを感じることが多かったが、先生方の励ましに背中を押され頑張ることができた。国家試験合格に向けて班の仲間で教え合い、勉強を楽しいと思えるようになった。本当に看護師になれるか不安だったが、全員で合格できて良かった。確実な看護技術で、これまでお世話になった家族、先生方、実習で受け持った患者さんに恩返しをしたい」と喜びを噛みしめていました。また、田澤結実子さんは「小さいころからの夢が叶い安心した。国家試験後は試験問題が難しく感じ、合格できるか不安だったが、5年間の頑張りが実を結びほっとしている。患者さんの痛みや不安に寄り添える看護師になれるように頑張りたい」と抱負を述べていました。学生を指導した看護科の教員は「新型コロナウイルスの感染リスクを考え、本来であれば出校するところを、約2週間の自宅学習に切り替えなければならず、例年とは違う不安があった(※看護師国家試験には追試験が設けられないため)。それでも学生たちは班ごとに繋がりを持ち、励まし合いながら学び続けてくれた」と安堵の表情を浮かべていました。 卒業生は県内外各地の病院に勤務し、日本の医療を支えていきます。

第16回 看護専攻科 卒業証書授与式が挙行されました

令和4年3月11日(金)、第16回看護専攻科卒業証書授与式が挙行されました。校長より34名の卒業生に卒業証書が授与され、「〖三冬枯木花(さんとうこぼくの花)〗と言うように、これまで耐えながら蓄えてきたものが大きな成果となることを信じている。本校の校訓〖信愛〗が表す”強い心”と”温かい心”を持って看護にあたり、健康で幸多き人生を歩んでもらいたい」と激励の言葉が贈られました。続いて在校生代表の林上心美(看護専攻科1年)が祝辞を述べ、卒業生代表の並岡杏奈(看護専攻科2年)が「これまで支えてくれた先生方、家族、そして共に国家試験合格に向けて支え合って学んできた級友に本当に感謝している。これからも初心を忘れることなく成長していきたい」と抱負を述べました。※看護師国家試験の合格発表は令和4年3月25日(金)