新着情報

新着情報

三八地区春季高校卓球選手権大会 学校対抗戦優勝

5月20・21日、八戸市体育館で行われた三八地区春季高校卓球選手権大会において、学校対抗戦で優勝しました。また県高校総体三八地区予選会において、ダブルスで外川・松田組が優勝しました。 試合結果は次の通りです。 ◇学校対抗戦 2 回 戦 千葉3-八戸東B0 準 決 勝 千葉3-八戸2 決  勝  千葉3ー八戸工0 ◇ダブルス 1 回 戦 千葉(外川・松田)3-八戸東1 2 回 戦 千葉(外川・松田)3-八戸工業1 準々決勝  千葉(外川・松田)3-八戸1 準 決 勝 千葉(外川・松田)3-八学光星2 決     勝 千葉(外川・松田)3-八戸工1  

ファッション甲子園2017 1次審査通過

5月20日(土)、第17回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2017)のデザイン画による1次審査会が行われ、柳町春菜さんと吉田歩未さん(生活文化科3年生)の作品が審査を通過し、8月に弘前市で行われる最終審査会の切符を手にした。 今大会は全国から3009点の応募があり、柳町さんと吉田さんは作品タイトル「未来へ生きる縄文文化」で応募。最終審査会に臨む35点の一つに見事選ばれた。顧問の石橋隆子先生は2年ぶり3回目の出場に、「全国大会という高いレベルの中で作品を発表できることは貴重な経験となる。本校生徒の代表として日頃の学習の成果を存分に発揮して欲しい」と審査会への意気込みを述べていた。

中庭の桜が満開

中庭の桜が満開になりました。        

対面式で科紹介

4月10日、対面式が行われました。校歌紹介に続き、新入生に専門教科の授業をイメージしてもらうため、科紹介が行われました。生活文化科は、介護実習の際の車椅子の移動方法や、保育検定の作品を披露しました。また、この日のために春休み返上で作り上げた衣装をまとって、ファッションショーを行いました。調理科はきゅうりの早切りや大根のかつらむきを実演し、3年間で鍛え上げたみごとな包丁さばきを披露しました。総合ビジネス科はお辞儀の種類などのビジネスマナーを新入生に伝授。看護科は継灯式の様子を再現し、3年生全員でナイチンゲール誓詞を唱和しました。  

第107回入学式 第13回看護専攻科進級式

4月7日、第107回入学式が行われました。本校の歴史を表す紀年の旗に、107番目の星を輝かせた木田実優さん(調理科)は、新入生代表挨拶で、高校生活への期待感とオレンジ色のコックコートへの憧れを述べ、仲間と協力して困難を乗り越えていく決意を宣誓しました。 また、同日午後には、第13回看護専攻科進級式が行われました。学生たちは制服である紺のスーツを颯爽と着こなし、専攻科生らしい堂々とした姿勢で式に臨みました。

ヴァンラーレ八戸&千葉高コラボ応援グッズ限定販売

本校生活文化科の生徒がデザインした、ヴァンラーレ八戸&千葉高(生活文化科)コラボ応援グッズが3月19日(日)、ホーム開幕戦で限定販売されました。販売された応援グッズはTシャツ100枚、パーカー50枚、iPhoneケース50個。ホームでの開幕戦を盛り上げました。    

春高ボウリング三重大会 個人戦・団体戦4位入賞

3月21日(火)~23日(木)、三重県朝日町のアサヒボウルで第20回高等学校ボウリング選手権大会春高ボウリング三重大会が行われました。大会の結果は次の通りです。個人戦4位:岡本楓  団体戦4位:岡本楓・小山清流組  選手権者決定戦6位:岡本楓  

看護師国家試験5年連続合格率100%

今月看護専攻科を卒業した11回生40名全員が、本年度の看護師国家試験において全員合格を果たしました。合格率100%を達成したのは5年連続7回目の快挙です。全員で合格するのだという強い意志と諦めない心で、その夢を現実のものとした11回生。卒業式後直ぐに県外に赴任した者も多く、この日は25名が学校に集まり、仲間や先生方と喜びを分かち合いました。

3月21日(火)NHK Eテレ【Rの法則】に調理科が出演します

3月21日(火)、NHK Eテレ【Rの法則】18:55~19:25に調理科が出演します。今回のテーマは「みんなの知らないイカの世界」。番組内で調理科の生徒が開発した「イカの穴詰め料理」やイカの魅力などが紹介されます。どうぞお楽しみに。  

第11回看護専攻科卒業証書授与式

3月10日(金)、本校講堂にて第11回看護専攻科卒業証書授与式が行われました。専攻科2年生40名の旅立ちを祝して、専攻科1年生の宮崎あやさんが在校生挨拶を述べました。卒業生を代表して森渚さんは、「この5年間は大きな夢を叶えるための厳しい道のりであったが、多くの人に支えられ愛されてきたことを今確信している」と感謝の気持ちを述べ、「千葉学園で学んだ5年間を誇りに、理想の看護師を目指して進んでいこう」と決意を新たにしました。