4科

ファッション甲子園2017 第3位

・8月20日(日)弘前市民会館大ホールで行われた、第17回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会最終審査会で、生活文化科3年の柳町春奈さん(北稜中出身)と吉田歩未さん(小中野中出身)の作品「未来へ生きる縄文文化」が見事第3位を獲得しました。今大会は全国126校から3009点の応募があり、最終審査会に臨んだ35チームがファッションショー形式の公開審査会で高校ファッションNo.1を競いました。 ・デザイン画を担当した柳町さんは「美しくデコラティブな縄文土器に魅了されました。現代人にはない発想の複雑で繊細な文様には、縄文人の日々への祈りが込められていると思います。祖先の思いを誇りに感じ、豊かで高度な縄文文化を現代に生きる私たちが伝えたいという思いでデザインしました」ときっかけを語ってくれました。 ・2人は作品製作にあたり6月に八戸市の是川縄文館を訪れ、是川遺跡出土品と信濃川流域で発展した火焔型土器の違いなどについて学芸員から教わるなど、積極的に縄文土器についても学びました。「縄文人はいろいろなところにこだわりを持って、おしゃれしていると思いました」と新たな発見もしました。夏休み返上の作品製作は試行錯誤の連続でした。最も力を入れたのは、「麻糸をより合わせ、結び編むことでさまざまな土器の文様を立体的に表現したことです。先生のアドバイスを得ながらデザイン画を忠実に再現するのに大変苦労しました」と2人は振り返ります。 ・表彰式のインタビューで柳町さんは「最終審査会に残っただけでも信じられないのに、このように賞に選んでいただき光栄です」と、吉田さんは「緊張したけれど入賞できて本当に嬉しいです」と喜びと感謝の気持ちを述べました。 ・指導した生活文化科科長の石橋隆子先生は、「縄文土器の文様を表現するために2人は常に熱心に工夫し探求していました。手間をかけ努力したことが審査員に認められことを嬉しく思います。本番のステージ上でのパフォーマンスも素晴らしく、自信に満ち溢れていました。大会に出場するために一生懸命取り組み、入賞できたことは、後輩達の目標となり大きな刺激となったと思います」と2人の活躍を讃えました。            

ファッション甲子園2017 1次審査通過

5月20日(土)、第17回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2017)のデザイン画による1次審査会が行われ、柳町春菜さんと吉田歩未さん(生活文化科3年生)の作品が審査を通過し、8月に弘前市で行われる最終審査会の切符を手にした。 今大会は全国から3009点の応募があり、柳町さんと吉田さんは作品タイトル「未来へ生きる縄文文化」で応募。最終審査会に臨む35点の一つに見事選ばれた。顧問の石橋隆子先生は2年ぶり3回目の出場に、「全国大会という高いレベルの中で作品を発表できることは貴重な経験となる。本校生徒の代表として日頃の学習の成果を存分に発揮して欲しい」と審査会への意気込みを述べていた。

ヴァンラーレ八戸&千葉高コラボ応援グッズ限定販売

本校生活文化科の生徒がデザインした、ヴァンラーレ八戸&千葉高(生活文化科)コラボ応援グッズが3月19日(日)、ホーム開幕戦で限定販売されました。販売された応援グッズはTシャツ100枚、パーカー50枚、iPhoneケース50個。ホームでの開幕戦を盛り上げました。    

看護師国家試験5年連続合格率100%

今月看護専攻科を卒業した11回生40名全員が、本年度の看護師国家試験において全員合格を果たしました。合格率100%を達成したのは5年連続7回目の快挙です。全員で合格するのだという強い意志と諦めない心で、その夢を現実のものとした11回生。卒業式後直ぐに県外に赴任した者も多く、この日は25名が学校に集まり、仲間や先生方と喜びを分かち合いました。

3月21日(火)NHK Eテレ【Rの法則】に調理科が出演します

3月21日(火)、NHK Eテレ【Rの法則】18:55~19:25に調理科が出演します。今回のテーマは「みんなの知らないイカの世界」。番組内で調理科の生徒が開発した「イカの穴詰め料理」やイカの魅力などが紹介されます。どうぞお楽しみに。  

家庭科技術検定 県内唯一「四冠王」達成

全国高等学校家庭科技術検定において、生活文化科3年の竹高まりあさん、工藤 南さん、横山茄音さんが、全4分野で最高位の1級に合格し、「四冠王」を達成しました。この検定は保育、和服、洋服、食物調理の4分野があり、28年度は全国で18校49人が完全制覇。青森県内では本校の3人のみの受賞で、学校としても11年連続の四冠達成となりました。

ヴァンラーレ八戸&千葉高コラボ商品開発第2弾 商品化決定

2月11日、ラピアにおいて、ヴァンラーレ八戸&千葉高(生活文化科)コラボ応援グッズ 商品化作品の決選投票が行われました。一次審査を通過した各部門の決選投票の結果、Tシャツ部門は山日里菜さん、パーカー部門は戸草内鈴音さん、iPhoneケース部門は坂本弥優さんの作品がそれぞれ選ばれ、商品化が決定しました。3月19日(日)、ホーム開幕戦で限定販売されます。たくさんの投票をいただきありがとうございました。

針供養(生活文化科)

2月8日、生活文化科の生徒が古い針や折れた針の供養と裁縫の上達を願い針供養を行いました。 長者山新羅神社の柳川浩志宮司が祝詞をあげ、生徒一人一人が縫い針や待ち針を豆腐に刺して供養し、各クラスのリーダーが玉串を捧げました。生徒を代表して挨拶した3年生の澤座叶恵さんは「裁縫の技術向上や作品完成時の喜びは、針なしに語ることはできない。道具を大切にし、一針一針に気持ちを込め、粘り強く作品を完成させるという教えを守り技術向上に努めたい」と感謝の言葉を述べました。

ヴァンラーレ八戸&千葉高(生活文化科)コラボ商品開発第2弾

ヴァンラーレ八戸&千葉学園高等学校(生活文化科)コラボ商品開発第2弾。オリジナル応援グッズの第一次審査が行われ、予選通過作品が発表されました。今回はTシャツ・パーカー・iPhoneケースの3部門で、生活文化科の生徒がデザイン。一般の方による商品化の決戦投票は2月11日(土)10:00~12:30、ラピア1階で行われます。また同日13:00~結果発表並びに表彰式が行われます。皆さんのご来場お待ちしております。

クリスマスリース製作

12月2日、生活文化科1年生が、花倶楽部マーラリッシュの八島幸子先生を講師に迎え、クリスマスリースの製作に挑戦しました。製作時間は約2時間。先生からポイントを教わると、生徒達は手際よく作業をはじめ、思い思いの飾り付けでオリジナルのリースを完成させました。