針供養(生活文化科)

263

2月8日、生活文化科の生徒が古い針や折れた針の供養と裁縫の上達を願い針供養を行いました。 長者山新羅神社の柳川浩志宮司が祝詞をあげ、生徒一人一人が縫い針や待ち針を豆腐に刺して供養し、各クラスのリーダーが玉串を捧げました。生徒を代表して挨拶した3年生の澤座叶恵さんは「裁縫の技術向上や作品完成時の喜びは、針なしに語ることはできない。道具を大切にし、一針一針に気持ちを込め、粘り強く作品を完成させるという教えを守り技術向上に努めたい」と感謝の言葉を述べました。

針供養

IMG_7637

IMG_7632